メラニン色素はシミの素。美肌の大敵だと多くの人は思っていると思います。それは、メラニン色素が沈着するとシミになるというメカニズムから、そう思われているのですね。

しかし、そうとは言い切れないんです。メラニン色素果たして、敵なのか味方なのか?そしてシミ予防に一番大切な事などをお話します。

スポンサーリンク

紫外線を避けるのは難しい

私達が日中、外出する上で避けられない紫外線。実は雨の日でも30%前後の紫外線量があるんです。

紫外線を浴びると、たくさんの活性酸素を発生させ、皮膚の老化を早めます。ですので女性はお肌の曲がり角を過ぎた頃から、できるだけ紫外線を浴びないように、対策をするのですよね。

メラニンは紫外線から皮膚を守る

紫外線をいっぱい浴びると、表皮の奥の方にある色素細胞が色素を出して、紫外線と戦います。この色素がメラニンなんです。これは紫外線を吸収して皮膚を守る働きがあるのです。

それだけではありません。紫外線を浴びる事で皮膚に発生する活性酸素を除去する力も持っています。

活性酸素は皮膚がんの原因にも

紫外線は、お肌の老化を早めるだけではありません。紫外線を浴びる事で発生する活性酸素は、表皮細胞の遺伝子を傷つけてしまいます。よって最悪の場合は皮膚がんになることも。

スポンサーリンク

大切なのは紫外線対策

メラニンは、紫外線から皮膚を守る働きがあるという事で、とても大切な役割を担っているという訳ですね。日焼けをしたときに肌の色が褐色になるのは、メラニンが紫外線と戦ってくれからこそなんです。

日焼けをした時に、その日焼けはずっと黒いままではなく、数日経つと元の肌の色に戻りますが、それは役目を終えたメラニンが消えて行くからです。

しかし、長時間にわたって紫外線を浴び続けてしまった場合は、メラニンが沈着してしまうので、シミになってしまうんです。

結局は、メラニン=シミというよりも、紫外線を浴び過ぎた結果、沈着してシミになるという事ですね。すなわち紫外線が美肌にとっては大敵なのです。外出する時は、たとえ雨や曇りでも紫外線の多い季節は、紫外線対策やUVケアを忘れずに!
0Ak4NO7kc16yUlc1462378381_1462378430

私は、今まで日焼け止めクリームは、肌が乾燥したようになるから嫌いでした。しかし、ここ数年は美容液タイプのものも出ているので、そういうタイプの物を選んで使っています。あと、帽子か日傘、ストールやアームカバーなどもバッチリ揃えています。

スポンサーリンク