希少糖がダイエットに良いというのを聞きますが、どのように良いのでしょうか?希少糖のメリットとデメリットについてお話します。

スポンサーリンク

最近、よく耳にする希少糖ですが、通称“痩せる砂糖”と言われているのをご存知でしょうか?まず、希少糖とはどのような糖なのかをご説明しますね。

希少糖ってどんな糖?

「自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体」(国際希少糖学会の定義)の事です。現在では、約50種類以上の希少糖が確認されています。

この、自然界にはほとんど存在しない糖が、香川大学農学部の何森健教授が、果糖に酵素を加え「D-プシコース」に変換することに成功した事で、大量生産が可能になったのです。

希少糖の効果

  • 砂糖の約70%の甘さでカロリーはほぼ0
  • 食後の血糖値の上昇を緩やかにする
  • 内臓脂肪の蓄積を抑える
  • 動脈硬化抑制
  • アンチエイジング
  • 血圧上昇抑制

希少糖には以上のような体に嬉しい作用があります。

効率の良い摂り方

希少糖は、でんぷんの分解や吸収を阻害する働きがあるので、食前に摂るのが理想的です。

スポンサーリンク

私は食前にヨーグルトなどの乳製品を摂るのも健康やダイエットに良いので、無糖ヨーグルトに希少糖シロップをかけて食べています。⇒食前のヨーグルトが血糖値コントロールに良い理由

また、朝食に摂ると腸が活発になる昼間にD-プシコースが働くのでおススメですよ。

希少糖のデメリット

痩せる砂糖とも言える、希少糖ですが残念ながらパーフェクトとは言えません。希少糖にはデメリットがあるのです。

それはどういう事かというと、食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまう事があるからです。

たしかに希少糖は副作用というものは見られないと言われていますが、体質に寄っては摂りすぎるとお腹がゆるくなるという人もいるので、注意が必要です。

なぜかというと、糖は体の中で速やかに溶けようとして水分を腸に引き寄せる性質があるからです。

汚い話で申し訳ないのですが、私も希少糖入りシロップをたくさん摂っていたら、お腹にガスがたまって困った事があるんです。全ての人に当てはまるかどうかは分かりませんが、胃腸が弱い人は1日50g程度にとどめておいた方が良さそうです。

メーカーによっては、体質や体調によって一時的にお腹がゆるくなることがあります。という注意書きが書かれています。

健康にも美容にも良い希少糖。お値段は普通の砂糖に比べると、かなり割高ですが積極的に摂っていきたいと思います。

スポンサーリンク