パスタを食べる時に、ある工夫で太りにくくなるという方法があるので、その方法をお話します。

私はパスタが大好きで、自宅でも外食でもよくパスタを食べます。この方法を実践するとダイエットにはもちろん、パスタを食べてしまった!という罪悪感も薄れますのでおススメです(笑)

スポンサーリンク

パスタに合う調味料

タバスコ
パスタに、タバスコをかけると太りにくくなります。

タバスコの原材料は主たる唐辛子に岩塩、穀物酢になります。これらを熟成、発酵させて作られているのです。唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれており、脂肪燃焼効果があります。

そして、酢に含まれるクエン酸は脂肪をエネルギーに変える役割を持っているので太りにくくなります。またアミノ酸は脂肪の分解を促進させる働きもあるんです。

お店でパスタを注文する時には、タバスコと合うパスタを選ぶ事が大切ですね。クリームパスタや、たらこパスタなどは合わないので、ミートソース、トマトソース系やぺペロンチーノ、ナポリタンなどがおすすめです。
ミートソース

オリーブオイル

オリーブオイルは、カロリーは高いですが摂りすぎなければ、ダイエット効果が高い油です。その理由は、含まれている成分が非常にダイエットに効果的だからです。

どのような効果なのかというと、血中コレステロールを減少させる働きや、中性脂肪がつきにくくするなどです。

スポンサーリンク

また、私のように50代女性がダイエットする場合には、体重を落とすだけじゃなく健康効果も合わせてほしい所。オリーブオイルなら血液サラサラ効果、悪玉コレステロール減少、善玉コレステロールを増やすなど、嬉しい効果がいっぱいなのです。血液を常にサラサラにしておかないと、脈硬化や高血圧などを促進する事になるので私の年代は要注意です。

他にも、ビタミンEやカルシウム、鉄分などの栄養素も含まれているので、アンチエイジングや骨粗しょう症予防、貧血予防にも多少の効果は期待できそうですしね。それ以外にも、ビタミンEやカルシウムや鉄分などの栄養素が含まれているので、りんごダイエットやバナナダイエットなどの単品ダイエットでよくある栄養不足になりにくくなります。

体内の血液がサラサラになることによって動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ効果があります。しかも油なので満腹感が得られ、食べ過ぎまで防いでくれるんです。腹持ちも良いので食後におやつに手を出す事もないですしね(笑)

ちなみに1日の推奨摂取量は大匙1~2杯なので、これ以上は摂らない方が無難でしょう。

全粒粉のパスタを選ぶ

パスタには、全粒粉で作られたものもあります。

ご家庭でパスタを食べる時には、全粒粉のパスタを選ぶとダイエットに効果的です。全粒粉とは、小麦の表皮、胚芽、胚乳を全て粉にしたものですが、普通のパスタに比べると食べた後の血糖値の上昇が緩やかだという事が分かっています。すなわち、糖質の吸収を緩やかにし、余分な脂肪を取り除いてくれる作用が普通のパスタよりも、はるかに高いという事になります。

全粒粉のパスタが食べられるお店は、なかなかお目にかかれませんが、ネットショップでは色んなメーカーから発売されています。ご自宅でパスタを食べる時に利用されてはいかがでしょうか?

全粒粉パスタは、人によっては普通の小麦粉のパスタよりも硬かったり、ボソボソした食感だと感じる人もいるようです。これはお好みによるところですので、一度食べてみないと分からないと思いますが。

しかし、ダイエット中には大好きなパスタもお預けかと思っていましたが、この方法なら心配なさそうですね。今後も、他にもダイエットに効果的な食べ合わせを紹介していきますね。

スポンサーリンク