お酒が大好きな人にとっては、糖質制限中だとしても少しは飲みたいですよね。でも全てのアルコール類に糖質がたくさん入っている訳ではありません。糖質制限中でもOKなお酒についてお話します。

糖質オフなお酒

最近では、糖質オフのビールなどが多く販売されていますね。それだけ多くの人が糖質の摂りすぎを危惧しているという事なのでしょうか?

糖質オフのビールも良いけれど、もっともおススメなのが泡盛なんです。泡盛と言えば沖縄の蒸留酒で、タイ米を原料とし黒麹菌を加えて造ったお酒です。アルコール度は40度以上。
泡盛

泡盛は、蒸留酒なので糖分を含んでいないんです。よって糖質制限中の人でも安心して飲めます。

また、血栓溶解酵素の働きを高める効果があるので、脳梗塞や心筋梗塞を予防するとも言われています。さすがは長寿の沖縄らしいお酒!という感じではありませんか?

ちなみに、以前にこのブログでシークワーサーの効果・効能について書いたのですが、泡盛とシークワーサーの果汁との相性は抜群ですので、ぜひ挑戦して頂きたいですね。

しかしながら、泡盛は度数が高いので水割りやロック、炭酸割り、お湯割りにして飲むのがおススメです。中にはストレートで飲むというツワモノもいらっしゃるかも知れませんが、一日に飲む量で推奨されているのは、40度のものであれば60ml程度が推奨されているので、容量を守るようにするのがベストでしょう。

泡盛はカロリーも低め

泡盛は、ビールと比べるとカロリーも低めです。例えば、中ジョッキのビールのカロリーが203kcalに対し、泡盛なら100mlで69kcalです。この差は大きいのではないでしょうか?

ビールから泡盛に変えて体重減が加速中

うちの旦那も、ダイエット中ですが大のビール好きでした。私と同様、夜だけ糖質制限ダイエットを実践していたのですが、食後にビール缶500mlを4~5本飲んでいたので、あまり順調には体重は落ちていませんでした。

それが、ビールから泡盛に変えてからは、順調に体重が落ちてきました。お酒を毎晩飲んでいても、選び方次第でダイエットできるという良い例だと思います。

夫は、私のように糖尿病ではありませんが、糖質制限ダイエットは向いているようです。