糖質制限ダイエットを、ゆるやかにしていたのですが、先日ある事をきっかけに炭水化物や甘いものを大食いし続けてしまいました。

2週間、全くダイエットの事を気にせずに食べ続けているとなんと3kgも太ってしまいました。

もうすぐ糖尿病の診察日なので、焦った私はなんと今まで自分には向いていないと勝手に思い込んでいたMEC食を取り入れる事にしました。その結果をお話します。

スポンサーリンク

ちょっと何かあると、食べ物に走るのは私の心が弱いせい。近頃、あまり体重が変わらないのを良い事に、3食普通にご飯やパスタなどの麺類を食べたり、おやつも必ず甘いものを食べてしまっていました。

なんか体が息苦しいと感じて、体重計に乗ってみるとこの短期間で3kgも太ってしまったんです。私、急に太ると息がしにくくなるんですよね。私だけ?

そこで、その方法論が信じられないのと私には無理と決めつけていたMEC食をチャレンジする事に。

だって次回の診察まで4日しかありませんから必死な訳です。

MEC食とは

MEC食とは、肉(Meat)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)の頭文字から名づけられました。これらの3つの食品を主に食べて、一口30回よく噛んで食べると言う簡単な手法です。

1日のうちに肉200g、チーズ120g、卵3個を食べる事が基本です。それだけでも良いとの事ですが、食事に彩りをつける意味で、葉野菜やビタミンCを摂るとされています。、1年間で50kgもダイエットできた漫画家さんも漫画本を出しています。

考案者は、沖縄県那覇市にある「こくらクリニック」の渡辺信幸先生でMEC食に関する書籍をいくつか出しておられますし、講演会もyoutubeで見れます。

いざ、MEC食実践

気合いが入っているようですが、実際に私が実践したのは1日目と2日目は夜だけ。3日目も夜だけですが、昼食のパスタは普段より量を減らしてみました。4日目は昼・夜を実践。

スポンサーリンク

そして結果はというと、なんと4日間で3kgのダイエットに成功しました。まさにゆるMEC食ダイエットですね。

この2週間、食べたいだけ食べて一気に3kg増えたので、これを戻すのは簡単だったからかも知れませんが、ひもじい思いをせずに速攻で体重が減ったので、驚きました。

血糖値の上昇は?

さて、問題の血糖値ですが昼食を食べて30分後に計りました。

昼食は牛肉のステーキ(塩レモン風味の味付け)と、ブロッコリーを4分の1束、茹で卵2個、チーズ50gでした。

そして食後血糖値はなんと81でした!
血糖値81

糖質を摂っていないので当たり前ですが、一時期は食後血糖値は軽く200~300はいってた私にとってはこれは嬉しい事実でした。

もうすぐ糖尿病の診察日ですが、HbA1cは急なダイエットなので期待はしませんが、このゆるMEC食を続けて、次々回の検査までには数値が5台になっていますように。

6月13日 追記:糖質制限の権威である江部先生のブログに書かれていましたが、糖尿病の薬を飲んでいる人はあまり過激に糖質制限するのは危険だそうです。調子に乗ってしまい、反省です⇒江部先生のブログ:薬物治療中の糖質制限食は低血糖注意。休薬・減薬を必ず医師と相談。まぁ、かなりゆるいやり方にしたので低血糖を起こさなかったのだと思いますが、ずっと続けると危険な事になっていたという事ですね。

今回は、たまたま何事もなく4日間のMEC食ダイエットを終える事が出来ましたが、もし今後行いたい時はその時だけでも休薬する事にします。

スポンサーリンク