私がよく行く、近所の小さなスーパーで、マンナンチャプチェという、こんにゃく麺を見つけたので買ってみました。

スポンサーリンク

こんにゃく麺は、今までの経験から美味しかった試しがありません。でも昔に比べると最近では味の改良もされていると思うので、多少はマシなのかもしれませんが、スーパーで100円台で買えるような、こんにゃく麺には期待していませんでした。でもチャプチェなら味付けは美味しいだろうという事で、わずかな望みをかけて購入。(こんにゃく麺に対してちょっと失礼でしたね)

マンナンミール 特製ダレで食べるマンナンチャプチェ(具入チャプチェの素付)
マンナンチャプチェ

袋の中身
マンナンチャプチェの袋の中身

こんにゃく麺をざるにあけ、水気をとったら熱したフライパンに大さじ1のサラダ油(オリーブオイルを入れました)を入れて、炒めます。この際、野菜を入れても良かったのですが、今回は野菜なしで本品だけ使って作りました。最後に添付の具入りチャプチェの素を絡ませて軽く炒めれば完成です。

調理時間3分でできました。ちなみに電子レンジで1分半加熱しても作れます。

マンナンミール マンナンチャプチェ

これで2人分という事ですが、これ1食のみで食べるというより、おかずの1品として家族と一緒に食べるという感じですね。今日の献立のもう1品に何しよう?と思った時に、ストックしておくと便利だと思います。

食べた感想

食べてみた感想ですが、想像したとおりの味で普通に美味しく食べる事ができました。今までどれだけこんにゃく麺をバカにしてきたのだろうと、反省です。でもマンナンミールのこんにゃく麺だから美味しいのかも?こちらのこんにゃく麺は、こんにゃく自体に旨味がついているんですって。

スポンサーリンク

実は、マンナンチャプチェ(2食分)だけを、夕食に1人で食べましたが、腹持ちも良かったです。チャプチェのほんのりした甘い味付けは、希少糖を使用しています。だから低糖質が実現できるんですね。

次回は、色とりどりの野菜を入れて、作ってみたいと思いました。

本来、チャプチェは春雨で作りますが、これをこんにゃく麺に置き換えるだけで糖質がぐっと低くなるんですよね。マンナンチャプチェの袋には“美味しさUP!新しいこんにゃく麺”と、書かれていたので、マンナンミールのこんにゃく麺の製法も良いのかも知れませんね。

マンナンミールは、こんにゃく製造の会社のハイスキー食品工業の商品で、美味しく食べられるように研究しているそうです。こんにゃくは、もともと強アルカリ性なので、そのままでは美味しく食べられないのですが、ハイスキーの技術で“人が美味しいと感じる食品の領域”である、ph3.0~7.0 酸性・中性に保つ事に成功し、この食べやすさが生まれたそうです。

マンナンチャプチェの栄養成分

マンナンチャプチェの栄養成分を書き写してみました。

重さ・・・・・・3.9g
エネルギー・・・45kcal
タンパク質・・・2.3g
脂質・・・・・・1.1g
炭水化物・・・・糖質は3.9g、食物繊維は5.1g(ちゃんと分けて表記されているのがニクイですね)
食塩相当量・・・3.9g

糖質制限を始めてから、あまりカロリーを重視する事はなくなりましたが、やはりカロリーが低いというのは得した気分になりますね。ただし、オリーブオイルを使っているので、その分のカロリーはプラスしなくてはいけませんが、オリーブオイルは脂肪燃焼効果や、胃腸を活発にする効果があるので、カロリーアップしてでも加えたいオイルだと思っています。

低糖質、低カロリーなのに腹持ちも良く美味しいので、良かったら試してみて下さいね!マンナンミールシリーズがお近くのスーパーに置いてない場合は、楽天市場でも購入できますよ!

【マンナンミール】特製ダレで食べるマンナンチャプチェX5

我が家も、次回は野菜をたっぷり入れて旦那にも食べさせようと思っています!ピリ甘辛味なので、ビールのあてにも良さそうです。

スポンサーリンク