糖質制限ダイエットをするなら、ご飯はご法度だと思っていました。しかし、冷えたご飯ならダイエットできると言われています。ご飯が冷めても炭水化物である事には変わりないのに、これはなぜでしょうか?

冷やご飯でダイエットができる理由や、冷やご飯ダイエットの方法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

食べた物が吸収しにくくなる

ご飯が冷めると、難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)というのが増えます。難消化性でんぷんとは、消化されにくいでんぷんで、植物繊維に似た働きをします。よって、糖質などの消化吸収を緩やかにする作用があるんです。

また、ビフィズス菌を増やす働きをするので、脂質代謝の値が改善や整腸作用があります。便秘がちな人にも良いという事ですね。

冷やご飯ダイエットのやり方

冷やご飯ダイエットといっても、1日3食を全部冷やご飯にしなくても、1日1食だけでOk。これなら長続きできそうですね。

例えば、炊きたてのご飯をおにぎりにして、冷えたら食べるという風にすると、やりやすそうですね。もちろん、具はオーソドックスな方が良いです。

前の晩に炊きたてのご飯でおにぎりを作っておいて、翌朝食べるというのが簡単で良さそう!主婦の朝は忙しいですからね^^

スポンサーリンク

芸能人も成功

番組の企画で、春香クリスティーンが、冷やご飯ダイエットに挑戦した結果、なんと1週間で-1.8kgも減量できたそうです。もともと肥満ではない女性が1週間で約2キロも痩せるなんてすごいですよね!

血糖値を下げる効果はあるのか?

冷やご飯がダイエットに良いと言われる仕組みは分かりました。でも、糖尿病患者にとってはどうでしょう?本当に血糖値の急上昇を抑える効果はあるのでしょうか?

冷やご飯と温かいご飯を食べた後に血糖値を計って実験された方のブログをいくつか見ました。

すると・・・意外にも血糖値を下げる効果はあまりないという結果が多かったです。私が実際に自分で検証すれば良いのですが、今はバセドウ病の数値が急に上がってしまって、その影響で高血糖が続いています(>_<)

また、数値が治まったら測定器で検証して見ようと思いますが、どっちにしても冷やご飯ダイエットは、私の場合は朝食にするのが良さそうだと思いました。

追記:数値が安定したので、冷やご飯だけより更に効果的な方法で検証してみました
血糖値を上げない最強のご飯の食べ方。血糖値測定で検証済み

スポンサーリンク