食べる順番ダイエットは、食物繊維⇒たんぱく質⇒炭水化物の順番に食べる事によって、糖分や脂肪の吸収をしづらくする食事療法です。

この方法は、外食でも可能なので外食の時の食べ方をお話します。

私は、お昼ご飯は外食が多いので、この方法を知ってからは安心して食べる事が出来ました。これでどんなお店での外食も怖くないかも?

スポンサーリンク

私は、ガイドヘルパーの仕事をしており、利用者様と一緒に外食する機会がとても多いんです。もちろん、利用者様の食べたいものに従ってお店を決めるので、自分でお店を選ぶことはできません。

これって、会社の上司からのお誘いや接待でも同様ですよね。だから、私はどんなお店で外食してもできるだけ食べる順番ダイエットを実践できるように工夫しています。

それでは、どんなメニューを選んで、どのように食べるのかをお話しますね。

定食を選ぶ

これは洋食でも和食でも同じですが、定食があれば定食を選ぶのがベストでしょう。

例えば、焼肉定食を選んだ場合。
焼肉定食

まずはキャベツの千切りから食べます。

次に冷奴を食べ、お味噌汁を。

スポンサーリンク

そして焼肉⇒ポテトサラダ⇒たくあんとご飯を一緒に食べる

私はこのような順番で食べています。

定食のメインは何にせよ、基本の食べ方でOKという訳ですね。パスタや牛丼などでもサラダを頼めば大丈夫。

サラダが置いていないお店では

サラダなど、食物繊維が豊富な食材が置いていないお店もありますよね。
例えば、ラーメン屋ならちょっと難しいですね。

そんな時は、野菜たっぷりのラーメンを選んでまずは野菜から食べるのが良いそうです。

以前、テレビでフィットネストレーナーの石川英明さんが、ラーメンを食べる時はなるべく汁は飲まない方がよいと言われていました。

また、餃子を食べる時には皮をはずして中身だけを食べるという事を推奨され、番組内ではちょっとしたブーイングが起きていましたが、そんな事をするくらいなら最初から頼まない方が一番だと思いました(笑)

外食する時の食べる順番のまとめ

基本的には、自宅での食事も外食でも食べる順番ダイエットの基本は同じなので、野菜などの食物繊維が豊富な食事を選べば間違いなさそうです。

気をつけなければいけないのが、麺類やカレー、丼物など単品だけを注文する場合ですね。

仕事やお付き合いで、どうしてもそのようなお店に行かなければいけない時は、事前に野菜ジュースを飲むのもおススメです。
それが難しいようなら、糖分や脂肪分をカットしてくれるようなサプリを持参するのもひとつの方法だと思います。

また、太らない食べ合わせの食材などもあるので次回にお話しさせて頂きますね。

スポンサーリンク