シークワーサーは、数年前から効果・効能が素晴らしいことから、注目されています。シークワーサーの効果や効能、そして果汁の使い方をお話します。

スポンサーリンク

効果・効能

シークワーサーは、その栄養の高さが評価されていますが、一体どのような健康効果や効能があるのでしょか?

まず、栄養価ですが、ビタミンCとクエン酸が豊富に含まれています。そしてノビレチンという独自の栄養成分が含まれているのが大きな特徴と言えるでしょう。

ノビチレンは、血糖値を下げる役割やインスリンの働きをよくする効果、血圧コントロールに良い効果をもたらすとされています。このノビチレンは、他の柑橘類に比べると2~12倍もあります。また、皮には400倍も含まれています。

シークワーサーの果汁は、ネットで手軽に購入できますが、できれば皮ごとまる絞りのものを選ぶのが良いですよ。

沖縄には、長寿の人が多いですが、特にシークワーサーを栽培している地域のほとんどが、長寿の村として有名だそうです。たしかに、テレビで沖縄特集をやっているのを見ていると、沖縄のお年寄りは皆さん元気!肌ツヤも良く、元気で朗らかですよね。

シークワーサーは糖尿病や高血圧の人以外にも、素晴らしい効能があります。

スポンサーリンク
  • 血管の老化抑制
  • 疲労回復
  • 風邪予防
  • シワ・シミ予防
  • 肌荒れ予防
  • 新陳代謝アップ
  • 癌予防
  • 血をサラサラにする
  • 花粉症予防

シークワーサーの果汁はどう使えばいいの?

ネットなどで手軽にお取り寄せできるシークワーサーの果汁ですが、原液に対して水を5倍ほどに薄め、ハチミツを加えて飲むと美味しいです。

私が沖縄旅行に行った時は、泡盛にシークワーサーを少し入れて飲んだ事があります。かなりきついお酒ですが、シークワーサーと良く合い美味しかったです。泡盛もネットなどで手軽に購入できるので、お酒好きな人は挑戦されてみてはいかがでしょうか?

他にも、牛乳とシークワーサー、ハチミツを混ぜるとヨーグルトドリンクみたいになって、飲みやすく腹持ちが良いのでオヤツに最適です。また、ケーキを作る時に加えるのも良いですね。

料理に使う時には、オリーブオイルと塩コショウを加えてサラダのドレッシングに使ったり、焼き魚や刺身にかけても美味しいです。あと、私が好きな使い方としては、鶏肉の唐揚げや海老フライなど、フライ物にもかけたりします。

シークワーサーの果汁は、基本的にはレモンの使い方と似ているかも知れませんね。しかし、レモンよりも健康効果が高いので、シークワーサー果汁は冷蔵庫に常備しておいても良さそうですね!

スポンサーリンク