4月の血液検査でバセドウ病の数値が急激に上がってしまいました。(以前の記事⇒ショック。バセドウと糖尿病の数値が上がってしまった、その原因をいくつか聞いてみました

スポンサーリンク

メルカゾールの薬が増えて1カ月後に再び検査をするも、FT4は3.71、TSHは0.005とあまり変化は見られず。そしてついに秘密兵器?と私が勝手に呼んでいる薬を処方される事に。

それから1カ月後の血液検査ではやっと数値が下がり、安定してホッとしています。FT4は1.03に、TSHは0.328とどちらも基準値内に治まったのです。

その秘密兵器的な薬とは、ヨウ化カリウム丸50mgという薬です。ヨウ化カリウムは、ヨウ素剤で、甲状腺機能を回復するお薬で、甲状腺に摂りこまれ、甲状腺機能を改善します。

この薬が凄いと思ったのは、機能の低下時には高め、亢進時には良くしてくれる事です。

糖尿病の数値も下がってきた

甲状腺が良くなると、それに連動して糖尿病の数値も少し下がりました。HbA1c7.4だったのが、6.7になりましたし、血糖値も空腹時は80前後です。

やはり、先生の言うとおりバセドウ病と糖尿病は何かしら関係あるのですね。まぁ、今は糖質制限を血糖値を計って細かく分析しながら行っているので、次回のHbA1cの値が楽しみです。

何を食べたら血糖値が上がるか検証中

ここ最近の私の食生活は、こんな感じです。

朝食:ファミマコレクションの食パン5枚きりを1枚にマーガリン。ネスカフェゴールド微糖と牛乳のカフェオレです。

食パンは炭水化物36.4g、コーヒー&牛乳で約10g 糖質の摂取は、合計で46.4gとなります。

食後にメトグルコ1錠、トラゼンタ錠1錠を飲むので、食後の血糖値は薬のおかげもあって高血糖にはなっていません。(※ここでは、血糖値の話なので、あえて糖尿病の薬だけを書いています)

昼食は、ぺペロンチーノなど、なるべく糖質オフの味付けのパスタを食べます。パスタ大好きなんです・・・

パスタだけでも、今食べているパスタの栄養成分を見てみると100gあたり炭水化物が72gもあるので、具や調味料は糖質オフを心がけています。昼食後の薬はなし。食後血糖値は2時間後は146です。これはトラゼンタ錠が効いているのかもしれませんが、こんな高い糖質の食事をしてもこの数値というのは、悪くないのかも知れません。

スポンサーリンク

ちなみにトラゼンタ錠というのは、私がバセドウの数値が上がり、それに連動してHbA1cが7.4に上がった時に処方されたものです。血糖値を下げるインスリンの分泌を促し、また血糖を上げるグルカゴンの分泌を抑える作用があります。

夕食は、基本的にガッツリメニュー(肉と野菜が中心)でご飯なしかご飯はお茶碗に3分の1ほど。食後の薬はメトグルコ1錠です。

糖尿病の薬を服用している人は過激な糖質制限は危険

体重が面白いように落ちるので、ついつい糖質制限をやり過ぎた時もありましたが、(参照:MEC食ってやっぱり凄い)薬を飲んでいる限りはあまり極端に糖質制限をするのは、危険だそうです。

糖質制限の権威である江部先生のブログにも書かれていました。調子に乗ってしまい、反省です⇒江部先生のブログ:薬物治療中の糖質制限食は低血糖注意。休薬・減薬を必ず医師と相談。

本気でガッツリと糖質制限する場合には、休薬か減薬しないといけません。それは低血糖を起こすからです。私は先生に相談する勇気も(きっと反対される)内緒で勝手に薬を止める度胸はありません。糖質制限しているのだから薬は必要ないと理屈では分かっていても、勝手に休薬するのはなんか怖い。これは私の性格によるものですね。

と言う訳で、糖質制限をほどほどにするという方向でこれからもゆるい糖質制限を続けていく予定です。

晩に主食を抜くだけ、そして日ごろおやつを食べない、もしくはおやつを糖質オフにするくらいなら、今のところ低血糖に陥る事もないので私の場合は問題なく日常生活を送れています。おそらく糖質は1日トータルで150g以内という感じでしょうか。

ちなみに最近は、血糖値測定にはまってしまい、糖質オフのおやつを食べては血糖値を測定してその効果を色々検証しています。

食事の糖質制限はほどほどにしなくてはいけませんが、本来食べなくても良いはずのおやつを糖質制限する分には、全く問題ないですからね!また報告しますね。

スポンサーリンク