糖質制限ダイエットを始めると、大抵の人は順調に1カ月に3~4キロくらいは減量できます。しかし糖質制限ダイエットにも停滞期というものがあります。この誰にでも平等に訪れる停滞期をいかに乗り越えるかが、ダイエット成功の鍵となると言えるでしょう。

糖質制限ダイエットの停滞期を乗り越える為に、知っておきたい人間の身体のしくみをお話します。

スポンサーリンク

停滞期の原因はホメオスタシス効果

ダイエットを始めて、最初はどんどん体重が減っていたのに急にピタリと体重の減少が止まったという経験は、ダイエッターにとっては誰しも経験があると思います。

なぜ、停滞期というものが起こるのかというと、ホメオスタシス効果によるものなんです。

ホメオスタシス効果とは、身体の危機管理システムの事です。私達の身体は体重がどんどん減っていくと生命の危機を感じて、エネルギー消費を抑制しはじめます。すなわち僅かなエネルギーでも活動できるように、省エネモードのスイッチが入ってしまうという事ですね。

例えば、遭難者がわずかな食糧で行く抜いて生還するケースがありますが、これもホメオスタシス効果によるものです。よってダイエットをしている人も、これと同じ環境になっていると言えるでしょう。

すると、ちょっとしか食べていないのに、エネルギーの吸収率が上がってしまいますし、おまけに体内で消費されるエネルギーも節約されるので、運動をしても消費されるカロリーは変わらないという、残念な事になってしまうのです。

1カ月に体重の5%以上減るとホメオスタシス効果のスイッチが発動すると言われています。

ダイエットをする目安として1カ月に5%以内にとどめておく事が停滞期対策になるという訳です。60キロの人なら1カ月に3キロまでという事になりますね。

スポンサーリンク

停滞期の期間はどれくらい?

個人差はありますが、どんなに長くても1か月もすれば、危険な状態ではないと判断し、省エネモードが解除されます。

糖質制限ダイエットにも停滞期はある

糖質制限ダイエットは、ダイエットの中でも比較的楽なダイエットだと思います。なぜなら、糖質制限ダイエットは、比較的早くに効果が表れるので最初は短期間で簡単に体重が減ったという人も多いからなんですね。

しかし、継続していくうちに体重の減り方も落ち着いてくるので、体重の3%以上がするすると落ち続ける事はないと思います。

ましてや、ゆるい糖質制限(夜だけ糖質を控える)なら、ストレスは少ないので長続きしやすいのではないでしょうか?

停滞期の乗り越え方

停滞期に入ると、何をしても体重が減らないため、ダイエットをリタイアする人もいます。しかし、これはとてももったいない事だと思います。

私も、今まで何度もダイエットに挑戦し、この停滞期でやけくそになってリタイヤするという事がありました。

そしてそこで待ち受けているのが、リバウンドです。

リバウンドが怖いのはダイエットする前よりも太ってしまう事です。リバウンドすればするほど、痩せにくくなるともいわれているので、リバウンド癖は避けたい所です。

では、停滞期に入ってしまったらどうすればよいのでしょう?

それは、現状維持で続けていく事です。私は、こんな時はストレッチをして部分痩せを強化するようにしています。お風呂で脂肪をマッサージしたりするのもいいですね。

ただし、先ほどにも書きましたが、ゆるい糖質制限ダイエットなら1か月に体重の5%以内に抑えることもできるので、リバウンドはしなくなります。

ダイエットの一番の敵だと言われる停滞期ホメオスタシスを理解し、負担のないダイエット方法を実践して、停滞期に負けない心で挑みましょう!

スポンサーリンク